読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のことは棚にあげて

 この日記を書き始めて、何となく「色々書くけれど、我が身を振り返ると、自分はそこまで言い切ってもいいのだろうか」と、そんな気持ちを感じていた。色々な資料を基にして言うわけでもないし。

 

 五木寛之の「新老人の思想」を読んでいたら、

『「自分のことは棚に上げて」というのが、私の日頃のモットーである。

・・・。しかし、自分でこれだ、と思ったことは人に伝えたい。・・・

 出かかった言葉を飲み込んで、黙っているか。それとも「自分のことは棚に上げて」、目をつぶって口にするか。・・・

 「自分のことは棚に上げて」と、覚悟を決めるのだ。それしかないではないか。』

とあった。

 

この言葉をいただいて、我が日記の居直りの言葉にしようと。