読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

里心3

大学、高校と旧友たちに会って、次は中学。

 中学の同窓会は、大学時代は名古屋にまだ居たので、当時同窓会の幹事をやっていた。

 だけど就職で上京した時に、クラスの誰にも引き継ぎをしなかった。先日古い写真を整理していたら、クラス会に行った時の写真が出てきた。差し上げる分の枚数があった!皆に配るという仕事をし残している。

 中学校の学区は大須から金山、鶴舞から堀川までのエリア。散策してみたが、道路も広くなり、マンションが多く建ち、昔から同じところに何人住んでいるだろうか。高校水泳部のトレース以上にたどり着ける確率がかなり低いと思われる。女の子も半数いる訳だが、男性より外へ行ってしまっている確率が高い。

 卒業時の担任の先生は当時すでに高齢で、後で聞いたがもう亡くなられている。お葬式にも行けずにゴメンナサイ。

 今名古屋にリタイアで帰郷すれば、足に任せて色々トレースできるだろうが、最初の一歩は、東京から出す往復はがきぐらいか。何枚宛先不明で戻ってくるか。まだ地元に住んでるキーマンを見つけられればいいかな。

 中学校の全体の同窓会は存続しているかな?当時の同窓会の会長だった方のお店はずいぶん前に無くなっており、全く消息も確かめないまま今日に至っている。

 先ずは、大学出たときにまだ付き合いがあった友人宅を、突然訪問することにした。卒業時は別のクラス。

 運よく在宅。どうして今まで会いに行かなかったのか?

 会社勤めの時は、心に余裕がなかった。年子の弟がいるが、私のその遊び仲間は一応彼に引き継いだ形にして地元を離れた。その仲間に会いにだけ帰郷することはできなかった。帰郷すると実家に帰り、親との交流、子供ができたら親に合わせに行く。弟が結婚し実家に住むようになるともう自分の部屋も無くなる。女房の実家のほうにも顔を出さないといけない。出張の時にはとんぼ返り。盆正月は当方も忙しいが友達皆も同じように忙しいだろうと勝手に考えてしまう。そして、ついついご無沙汰。

 退職して時間ができた?里心がついた?

 彼のクラスは数年前にクラス会をやったそうだ。幹事の私が無責任にいなくなってしまった私のクラスはどうなっているだろう。誰かが、沢田君あたりがひょっとしたらやっているかも、なんて勝手な想像。

 久しぶりに会って、つかえがとれた。今度改めて来るよと、携帯電話番号交換。

 つかえがとれた勢いで、次の日、年賀状はやり取りしている中学時代の恩師に会ってみようと。

 住所を控えてきたわけじゃなかったので、ネットで検索。当たるものなんだね、先生の名前で検索。お二人の内お一人のおぼろげに記憶していた住所と電話番号が載っている2007年OO区電話帳に行き当たった。2012年版もあったが、その電話帳には載ってなかった。いや確か今年も年賀状頂いているはずだが。

 朝一番電話してみた。

 ご健在だった。午前中に突然お邪魔して2時間程、むかし話をしてきた。何歳なのかも全然知らずにいた。お聞きしたら80歳。13歳年上だった。中学時代はまだ教師になって数年のバリバリの若手教師だったんだ。

 80歳ぐらいのご家庭だからなのか、名古屋人だからなのか、どうぞと抹茶を出されてしまった。私まったく作法を知らなくて・・トホホ

 でもやっぱり先生だな、お土産に本を2冊頂いてしまった。

 「これから『正義』の話をしよう」

 「長寿を科学する」

 孫を相手にスマホのゲームをしてて良いのかねと心の中で反省。

 

 この10月11月と名古屋へ行って昔の恩師、友人に会った。

 1年に一度はゆっくり帰郷して友人と話をしよう。