読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心臓CT

 全身麻酔の手術の前に行った検査の心電図に、心筋梗塞の跡があるという所見が出て、手術は延期。事故で入院手術した時に録られていた心電図と比較して波形に変化が確かにあった。

 その病院では心エコーが出来ると言う事で検査。結果は特に所見なしと言う事で、他院で行っている心臓CTを取りましょうと言う事でCTに。

 心臓CTで冠動脈(3本ある)を画像処理したデータを見せてもらいました。一部石灰化が、一部プラークがある(石灰化部分は白く表示されていたのでよく分かったが、プラークは先生が指摘してくれて分かる程度。100人中97、98人まではOKのレベル、ではその98と2のどっちに居るか。腹部のCTも同時に採られていて内臓脂肪レベルのデータが48sqcm。100sqcmが内臓脂肪を減らした方が良いという基準だそうでその半分程度なので、98のOKの方に居るでしょう。

 と言う事で、全身麻酔で、鎖骨の留め金を摘出する手術を行いました。

 

 3年前に折った鎖骨は繋がってはいるが、まだ接続部分が細いと言う事で、2,3年はまだまだ要注意ですよと言う事になりました。